スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光客300万人割れ・合併以来初・震災後の自粛で打撃 (日刊いわくにより)

2012年3月23日の朝刊に掲載されていました。

Scan_20120323_06_R.jpg

Scan_20120323_07_R.jpg

Scan_20120323_08_R.jpg
「画像をクリックで拡大」

記事中にある観光客の年齢で60,50代は観光バスでの観光客の人数から理解できるけど、週一で撮影しているボクとしては、思った以上に若い人が多いってこと。
カップルはもちろんのこと、女子グループが多いなぁと感じてる。

彼や彼女らはリピーターの可能性が大である
60,50代はきっともうこないと思う。

だから、この若者にディズニーランドよろしくリピートしてくれる手を考えるべきだ
還暦ジジイは、いいアイデアを持ち合わせていないけど、今は・・・(^^;)

県立広島大学の先生の分析は興味深かった。

これをふまえて、錦帯橋界隈を無料のWi-Fi環境に早急にして欲しい
スマホを持つ若者が、ツイッター等で錦帯橋の魅力を即時に発信できるように
アイキャンというプロバイダーが岩国には、あるんだしぃ~。(^^)

---------------------------------------------------
Wi-Fiとは(フリー百科事典・ウィキペディアより)

概要 [編集]

無線LANが商品化された当初は、異なるメーカー間は言うに及ばず、同一メーカーであってもラインナップの異なる製品間では相互接続は保証されていなかった。このため、購入検討にあたり実際に接続可能かどうかユーザーにわかりづらく、無線LANの一般への普及に非常に問題があった。
Wi-Fi Allianceは、エンドユーザーのニーズを汲んでテクノロジーが成熟できるように、この問題を解決するための団体として1999年(平成11年)にWECA(Wireless Ethernet Compatibility Alliance)という団体名でスタートし、2000年(平成12年)3月から認定業務を開始した。その後Wi-Fiの認知度が高まってきた2002年(平成14年)10月にWi-Fi Allianceに改名した。
ある製品が同じブランドを表示する他の製品と組み合わせて利用できるということを消費者が確認できるようにするため、Wi-Fi AllianceはWi-Fi CERTIFIEDブランドを作った。

語源について [編集]

Wi-Fiは「The Standard for Wireless Fidelity」の略とされている。

「Wi-Fi」と「無線LAN」の定義の差 [編集]

「無線LAN」(IEEE 802.11規格の無線LAN)と「Wi-Fi」は同一のものを指していると解釈されることが非常に多いが、本来は定義が異なるものである。Wi-Fi CERTIFIEDロゴを製品に表示するためには認証試験を受け合格する必要があり、それがなされていないものはWi-Fiではない。たとえば、FON端末がWi-Fi認証を受けたのは2008年(平成20年)11月であり、それ以前のFONはWi-Fiとは名乗れなかった。逆にWi-Fi Allienceが定めたWPA version 1仕様はIEEE 802.11のドラフトをもとにした仕様であり、正式のIEEE 802.11とは厳密には異なっている(WPA version 2はIEEE 802.11を満たしている)。

利用 [編集]

Wi-Fi により異なるメーカーの機器間での相互接続性が保証されているため、コンピュータ、携帯電話、PDAのような多様な機器が無線LANを利用し、例えばアクセスポイントを経由しインターネットへ接続できる。アクセスポイントによりインターネット接続が可能な領域をホットスポットという。ホットスポットは部屋の中だけのものから、複数のアクセスポイントを重ねることで数キロメートル四方にまで及ぶものもある。無線LANはまたメッシュネットワークを構築するために利用できる。両方のアーキテクチャがコミュニティネットワークで使われている。
また、この規格の中にはアクセスポイントなど外部通信機器を経由せずに通信端末同士を直接接続するP2P(ワイヤレス・アドホック・ネットワーク)というモードがあり、これは家電やゲーム機などでの採用例が見られる。一般的にはアドホックモード、アドホック接続などと呼称されている。

今後の方向 [編集]

Wi-Fiにより相互接続性が保証されているアクセスポイントに接続することで、インターネットのほか、インターネット電話、ゲーム機器などの多様な無線LAN機器が接続、利用されている。Wi-Fiを利用したMzone、フレッツスポット、FONを始めとする多くの有料/無料の公衆無線LANが存在する。
また、携帯電話網を由来とした3G(HSPA)やWi-Fiの広域版ともいえるモバイルWiMAXのような高速無線アクセス網をインターネットアクセスのバックボーンとし、二次電池などを内蔵した小型のアクセスポイント「モバイルWi-Fiルーター」製品が出現し、Wi-Fiの弱点である面的なエリア展開を補完している。
---------------------------------------------------

錦帯橋を勝手に応援する会
よねらの自分パソコン教室
よねら・ともだちのわ
岩国南88霊場と岩国往来を勝手に歩く会
よねら・岩国市イベント情報
よねらの明るい農村
岩国地方史研究を勝手に応援する会
錦帯橋を勝手に応援する会+美竹林ボランティア錦川
地域活性・まちづくりを勝手に応援する会
管理人
よねら


ヘルプしているブログ
美竹林ボランティア錦川
岩国BoomBoom
岩国喜香会
吉川史料館・館長日記





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
       会長メッセージ
プロフィール

yonera3

Author:yonera3
「錦帯橋を勝手に応援する会+美竹林ボランティア錦川」ブログへようこそ!
活動などを紹介していきます。

会に参加希望の方は「qqyw3fzx9@beach.ocn.ne.jp」へご連絡ください。
美竹林ボランティア錦川
事務局
森中 武彦

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。